なるき屋

京都の新車・中古車販売・買取
お車の事ならなるき屋

075-925-8947

営業時間:9:00~19:00 / 定休日:火曜日

お問合わせ

BLOG

カテゴリ:点検・整備・修理

UCF30後期セルシオ ダイナモ交換

2019.10.21 点検・整備・修理 

おなじみ、ヨーコちゃんのセルシオ。

30後期のeR仕様です。

数日前に充電系統異常の

チェックランプ点灯で入庫しました。

新しいダイナモが届いたので

さっそく交換していきます。

今回はリビルト品を使用。

しっかりと保証も付きますし、

新品を買うよりだいぶ安いです。

ボンネットを開けて、

エンジンルームの上から見たところ。

とても上からは取り出せそうにないので

ジャッキアップして下から外します。

アンダーカバーを外して

取り掛かります。

下からは簡単そうに見えますが、

知恵の輪状態です。

周囲の部品が邪魔をして、

抜けそうでなかなか抜けない。

ある向きにすると、

スコーッと抜けますよ。

左が摘出した古い方、

右が新しく取り付ける方。

(見たらわかるってね)

真下から見たところ。

取付完了。

バッテリーも新品に交換して、

作業完了です。

チェックランプも消灯を確認、

これで安心して乗ってもらえます。

しかしこの車はいつ見ても

ガソリン満タンやな…。

明日は定休日でーす。

おはようございます!(10/18)

2019.10.18 朝のご挨拶, 点検・整備・修理 

ちょーーーっとだけ雨が降っている

京都市内です。

さて、昨日は2件の出張診断に

行ってまいりましたよ!

まずは山科時代からのお付き合いの

N様の息子さんが乗られている

S204 Cクラスステーションワゴン。

走行中にチェックランプが点灯し、

車体がぶるぶる震えて走行不能に。

(動かせないから出張したんです)

たしかに調子悪い、

ドアを全開にするために

数メートル動かすのもやっとです。

色々出てきますね(笑)

ついでにエアコンも…。

走行距離も多めですし

年末に車検も控えてますので

これを機会に乗り換えを検討されても

いいかもしれませんね。

それから夜に向かったのは、

京都市の北の方、ヨーコちゃんちです。

愛車の30後期セルシオeR仕様が

こちらもチェックランプが点灯し、

路上で止まってしまったと。

(日中にJAFにて自宅まで搬送)

チャージランプ点灯。

ダイナモでしょうね。

30後期はマルチに表示されますので

一般の方にもわかりやすくていいですね。

新品を購入すると高いので

リビルト品で対応します。

せっかく上の方に上がったので

(京都市民は市内の北の方角に行くことを

上(かみ)の方に上がると言います)

二条にある大鵬さんで

名物てり丼をいただきました。

久しぶりに寄らせてもらいましたが、

店長や息子さんも覚えてくださっており、

「南区からわざわざ来てくれはったんですか!」と

声をかけてくださいました。

なんか、嬉しいですよね。

しっかりと栄養をつけましたので、

今日も1日、張りきっていきます!

AK64K ドゥビル イグニッションコイル交換

2019.10.6 点検・整備・修理 

在庫車兼私の愛車のドゥビル。

平成19年式、最終型!

(モデル年式は2005年)

数日前に突如エンジン不調。

同時にチェックランプ点灯。

ボボボボボ…とアイドリングが

おぼつかない感じに。

イグニッションコイルかなーと思い

テスターを当ててみると…

どうやらそのようですね。

部品を交換したら直るでしょう!

AK54Kのセビルなどと同じ、

4.6Lのノーススターエンジン。

エンジンカバーや補器類を外して

イグニッションコイルにアクセスします。

ちなみに今回エラーを拾った3番シリンダー、

車両前側から見て奥のバンクになります。

手前側のバンク(2・4・6・8番シリンダー)なら

交換はめちゃくちゃ楽だったのですが…

手前側と比べると、なんせ面倒くさい!

背は決して高くない私、

時折、爪先立ちで作業します。

手前が取り外したイグニッションコイル。

奥が用意したモノになります。

本当は新品を投入したかったのですが、

国内在庫がなく海外から取り寄せとのこと。

とても待ってはいられませんので、

優良中古品を取り寄せました。

ドゥビルは初っ端のモデルと

最終付近のモデルでは

エンジンパーツなどが違います。

弊社のドゥビルは最終モデル!

のちのDTSなどと部品が共通らしく、

色やカプラー形状は多少違いますが、

適合するものを準備しました。

この時点で、コイルにささるカプラーの

形状がまったく違ったため

大丈夫かいな…なんて思っていましたが、

根元のカプラー形状は同じでしたので

まぁイケるやろ、と判断。

(VINコードで適合確認もしましたしね。)

組付けて完了。

部品を交換しただけでは

チェックランプは消えませんので、

テスターにてエラーコードを消去。

チェックランプ消灯。

しっかり試乗した後、

再度テスターを当てましたが「異常なし」!

当然ですが警告灯も点きません。

バッチリ、直りました。

【明日は臨時休業です!】

おはようございます!(9/13)

2019.9.13 朝のご挨拶, 点検・整備・修理 

まーた雨です。

午後からは回復する予報ですが

念のため雨具の準備をお忘れなく!

手前に写っているのは、

ご近所のS様のステップワゴン。

今回はタイヤ交換のために

お預りしています。

スタッドレスタイヤを

履かれていたのですが、

FFですのでフロントを中心に

ズルズル状態。

これは危険ですね。

弊社としては国産をお勧めしたいのですが

S様はまだお若い学生さん。

一生懸命アルバイトされたお金から

タイヤ代を捻出されますので、

今回は海外の安いタイヤの中でも

まだメジャーなATRをチョイスしました。

4本交換で、国産有名タイヤと比べると

約2万円ほど安くつきました。

やっぱり新品はいいですね。

これで雨の日も安心して

お乗りいただけることでしょう!

S様、ご用命ありがとうございました!

それでは、今日も1日、

張りきってまいりましょう!

(今日やっとエアコンが直ります)

おはようございます!(9/7)

2019.9.7 朝のご挨拶, 点検・整備・修理 

いいお天気です!

まだ7時15分ですが、朝から暑いです。

こちら、同級生の森田くんの

アウディ A4アバント Sライン。

ご覧の通り、助手席の窓の

ガラス落ち修理のため

お預りしていました。

ワイヤーが…

レギュレータ交換です。

社外品を使用して、

部品代は純正の半額くらい。

ちなみにこの型のA4は

レギュレータを交換するのに

サッシまで外す必要がございます。

無事、修理完了して

昨晩にお返ししました。

森田くん、いつもありがとう!

それから…

昨日もたくさんのお問合せをいただき、

本当にありがたいことなのですが、

在庫車のセルシオについて

お問合せをくださったお客様がおられまして

その方とちょっとトラブルといいますか

意思の疎通ができなかったことがありました。

これはですね、ブログに書くかどうか

かなり迷ったんですが、

最近のネット社会では

どこで誰に何を言われるか

わかったもんじゃないですので、

わざわざ書くことでもないと思うのですが

自分の店を守るためという意味でも

書くことに決めました。

そのお客様は、

程度の良いものをお探しとのことで

ボディの鈑金塗装歴と

ドアヒンジ部の錆の有無について

お尋ねになられました。

鈑金塗装歴については、

私は塗装屋ではないので

わかりません、と

正直に伝えました。

「仕入れたオークションの

 チェック表はあるんでしょ?」

とお尋ねになられたので、

それも人間が見るものですので

100%合っているとは言い切れないので

「鈑金塗装歴はあるのか?」

という問いに対しては、

「わかりません」としか

申し上げることはできませんと

お伝えしました。

私が新車から乗っていた車なら

鈑金塗装歴があるかどうか

正確にお答えできるのですが、

走行距離が少ないとはいえ

10年、20年も前に作られた中古車ですので

いくら業者オークションの出品票に

鈑金塗装歴が記載されていなくても、

100%ありませんとは

言い切れないわけですよ。

きれいに直してあれば

熟練の検査員の方でも

見落とす可能性もありますので。

また、ヒンジ部の錆については

現車がストックヤードにあるため

今すぐ確認できません、

無かったと思います。

ただ、20年近く前に製造された

中古車ですので、例えば下回りなど、

錆がゼロというのは難しいです、

(少し極端な言い方ですが)

錆はどこかにはあるものと思ってください、

そうお伝えしました。

(もちろん、酷い錆や腐食はありませんよ、

ですが例えば下回りのネジなんかには

錆が浮いている可能性があるじゃないですか)

少しばかりやり取りがあった後、

こちらの車は私としては

状態には自信を持っている事、

同モデルの車で、

これほど状態が良い個体は

なかなか見つからないと思います、

ただ、いくら走行距離が少なくても

年式的な傷みはどうしてもあるものですよ、

車は金属の塊ですので、

僅かな錆などどこかにあるかもしれません、

とお伝えしました。

(端折って書いてます)

すると、私の話を遮られ、

「しんどいからもう電話切っていいか」

とお尋ねになられましたので、

「はい、どうぞ」とお答えしたのですが、

そこから急に

「書いてある説明と違う!」と

怒られてしまいました。

(電話切るんじゃないの?)

再度申し上げますが、

私としては自信があるわけですよ。

なんならその車は、

仕入れ先のオークション会場で

4.5点という点数が付いていました。

専門の検査員が検査して、

この車はいい状態ですよと、

そう判断したから付いた点数です。

錆や腐食の表記もありませんよ、

ヒンジの錆も、きっと無いと思いますよ。

ただ現車が目の前に無いから

すぐ確認できないんですよ。

でもね、いくら状態がいいと言っても

製造から10年、20年経ってるんです。

例え新車でおろしてから

1メートルも動かさずに

大切に保管していたとしても、

経年による劣化ってあるんですよ。

高年式の中古車ならいざ知らず、

お問合せいただいた車は

約20年前に作られたお車です。

現存する同型の車両で、

完全に、1mm四方も錆が無い個体なんて

そうそう無いと思うんですよ。

下回りなどのどこかに、どうしても

若干の錆くらいはあると思うんですよ。

その可能性があるうえで、

目に見える部分には無いとしても、

「錆はありませんよ」

なんて言いきれないじゃないですか。

そこで、前述のような説明をしたうえで

どうしても細かい部分まで、

極僅かな部分まで譲れない、

そう言われるのでしたら

新車を購入されてはいかがですかと

お伝えしました。

中古車販売店の人間としては

言ってはいけない言葉かもしれませんが。

また、そこまで気になるのなら

見に来られたらいかがですかと

それも提案したのですが、

「遠方で行けないんだから仕方がない。

 車が届いたときにガッカリしたら

 お互いトラブルの元でしょう!

 だから聞いているんだ!」

と、またお叱りを受けまして…。

「それでは、なぜ見に行ける範囲で

 お探しにならないのでしょうか」

とお尋ねしますと、

ガチャっと電話をお切りになられました。

これは私のプライドのために

お伝えしたいのですが、

決して隠し事をしたり、

ボロい車を売りつけようとして

そうお伝えしたんじゃないんです。

車に拘っていただくのは

非常に良いことだと思います。

私もけっこうウルサイ方ですから。

でもね、中には製造から

10年、20年経った車に

新車同様の品質を求める方も

いらっしゃるんですよ。

いくら状態がいいと言っても

新車じゃないんですから、

どうしても限界があるんです。

その中で、少しでも良い車を、

気持ちよく乗っていただける車を

仕入れてきているつもりなのですが

それが上手く伝えられなかったようで

お客様を怒らせてしまいました。

もう一度言いますが、

「状態には自信があります」

ですが、新車ではありません。

経年や走行により、

多少の傷みや消耗はございます。

だって中古車なんですもの。

でもね、なるべくそれが少ないもの、

年式や走行距離を考えても

これはキレイだね、

いい車だね、と

そう言っていただけるものを

仕入れているつもりです。

「書いてある説明と違う」

何をもってそう言われたのか

私にはわかりません。

勉強不足を痛感したのと同時に、

納得いかない気持ちがあるのも

正直なところです。

ただ、それはお客様も

同じことだったと思います。

私の説明が上手くないせいで、

不快な思いをさせてしまったと思います。

商売って難しいですね。

だから面白いんですけどね。

朝からダラダラと申し訳ありませんでした。

気を取り直して、今日も1日、

張りきっていきましょう!

RK1 ステップワゴン パワーウィンドウ修理

2019.8.29 点検・整備・修理 

こちらはご近所のS様がお乗りの

RK1ステップワゴン。

今回、パワーウィンドウの修理で

お預りしました。

助手席の窓ガラスが落ちてしまい

ガムテープ補修で難を逃れています。

しかしこれ、上手に貼ってますね。

パッと見、外からだと

貼ってあるのわかりませんもんね。

ドアの内張を剥がして

ブチルのベタベタが移らないよう

しっかりと養生してから原因究明。

どうやら、モーター内部で空回りしているようです。

パワーウィンドウを動かす部品、

レギュレーターとモーターですが、

RK1はアッセンブリー(一体)になっています。

左が古い方、右が注文した新しい方。

シッカリ組んで元通りに。

S様、代車の準備の都合で

お待たせしてしまいまして

申し訳ありませんでした。

ご用命ありがとうございました!

EF9 シビック ドライブシャフトブーツ交換

2019.8.17 EF9 シビック, 点検・整備・修理 

また私のシビックで申し訳ないのですが

お盆休み中の一コマです。

左フロント内側のドライブシャフトブーツが

破れていたので交換作業です。

作業しやすいようバイス(万力)で固定。

古いグリスを出来るだけ拭き取って

新しいグリスをたっぷりと。

同時に、破れていなかった外側も

グリスの交換をしておきました。

取付け。

ちなみに、先日せっかく

アライメントを取ってもらったので

それが狂わない箇所のみ外して

ドラシャを抜き取っています。

ロックナットも新品に交換して

作業完了です。

UZS186 クラウンマジェスタ 作業いろいろ

2019.7.6 点検・整備・修理 

滋賀県のA様にご購入いただいた

18マジェスタの作業の続きです。

ご納車前に色々とご依頼いただいた分。

前回までの作業はこちらです。

まずは油脂類交換。

少し前のドゥビルのオイル交換の

ブログを読んでくださり、

「気持ちよく乗りたいので、

私のマジェスタもぜひ!」と

作業をご依頼くださいました。

エンジンオイル、オイルエレメント交換。

ATF交換。

さらにデフオイルも交換。

冷却水は

真空引きでしっかりとエア抜き。

ブレーキフルードはプリウスなどと同様に

専用のスキャンツールがないと

交換やエア抜きができません。

これもしっかりと実施。

18マジェスタは電動パワステですので

パワステオイルの交換は不要です。

そしてワイパーゴムの交換。

フロント2本です。

最近はセダンでリアワイパーを

装備している車を見かけませんね。

私が免許を取った時分は、

セダンのちょっといいグレードには

リアワイパーが付いていたもんです。

特に問題無くスムーズに交換完了。

昔ね、まだ中古車販売店に

お勤めしているときの事なんですが

お客さんからの依頼だったかな?

なんせ生まれて初めてワイパーゴムを

交換する機会があったんですよ。

ご自分で交換したことのある方なら

おわかりいただけると思うんですけど

ワイパーゴムって両端を金属の棒というか

薄っぺらくて長いもので

サンドイッチしてるんですよね。

(表現力が乏しくて申し訳ない)

私、新品のワイパーゴムには

その金属棒が自動的に付帯しているものと

勝手に思い込んでいましてね、

古い方のそれをグニャンと折り曲げて

ゴミ箱に入れようとしたんですよ。

そこで社長に止められたのですが

もう後のカーニバルですわね…。

その時のこと、よーく覚えていまして

ワイパーゴムを交換するたびに

思い出しますね。

続いて、ナビロムの交換。

18マジェスタは前期型はDVDマルチ。

ナビロムを最新のものに交換します。

つい最近出たばかりの2019年春版です。

18系クラウン/マジェスタの

ナビロムの交換方法、

あまり知られていないのですが、

ここを開けるんですよ!

ココです、ココ、ココ!

周囲のパネルに傷が付かないよう

気を付けて蓋を開けまして、

マルチモニターのEJECTボタンを押し、

ディスクを排出、入替えます。

問題無く動作しますね。

はい、しっかり最新データに!

それから、バッテリーも交換です。

バッテリー交換後、念のために診断。

全システム異常なし。

それからレーダー探知機と

ドラレコの取付けです。

ドラレコは前後カメラタイプ。

これはいざという時に安心ですね。

それからレーダー探知機は

18クラウンはダッシュボードが

非常に脆いため、取り外す際に

捲れてしまうことを懸念しまして

あえてスピーカーカバー上にセット。

 

最後に洗車です。

コーティングしたてですので、この水弾き!

洗車していて気持ちいいですね。

しっかりと拭きあげまして、

陸送会社スタッフへ引渡し完了。

A様、たくさんの作業を

ご依頼いただいておりましたので

納車準備完了まで時間が掛かってしまい

申し訳ありませんでした。

来週中にはお手元に届くと思います、

もうしばらくお待ちくださいませ!

ありがとうございました!