なるき屋

京都の新車・中古車販売・買取
お車の事ならなるき屋

075-925-8947

営業時間:13:00~19:00 / 定休日:火曜日

お問合わせ

BLOG

カテゴリ:在庫車紹介

新規入庫車、ネット掲載していってます。

2024.5.27 在庫車紹介 

少しずつですが、
新規入庫車のネット掲載を進めています。
まずは委託販売のパジェロミニです。
ベーシックグレードのXRの4WD。
ターボ無しですが4速ATです。
タイヤはほぼ新品、車検満タン!
お乗り出し価格は29.9万円からとなります。
掲載ページは こちら

それから、ミラ!
こちらはATではなくCVTの
上級グレード「Xリミテッド」です。
ソリッドではなくパールホワイトなのがポイント。
メッキグリルやウィンカーミラーも付きます。
こちらもタイヤ新品、車検満タンで
お乗り出し価格29.8万円からです。
掲載ページは こちら

それからシビックハイブリッド。
低走行の後期モデル、社外アルミホイール付き。
全体的にきれいなお車です。
乗り出し価格は44.1万円からと、
カーセンサーなどを見ていただいても
かなりお安い設定とさせていただいてます。
掲載ページは こちら

大排気量セダンが中心の
弊社ラインナップですが、
乗り出し50万円までのお手頃価格の車も
揃えていきたいですね。

明日は火曜日ですので、
定休日でーす。

在庫車のティーダを値下げしました。

2024.4.8 在庫車紹介, 鈑金塗装 

在庫車のティーダを値下げしました!
まったく声がかからないのよ、
シクシク。
もともと車体価格358,000円だったんですが、
298,000円に値段を下げました!
弊社基本プランでご購入の場合、
リサイクル料金と今年度の自動車税を合わせても
350,000円でお釣りがきちゃいます。
もう、赤字ギリギリですよ。
保管している家賃とかを考えると
むしろ完全に赤字ですけどね。

実走行29,200km!
車検たっぷり令和8年1月まで!
オークション評価4.5点の
きれいなお車でございます!

HDDナビやスマートキー、
オートエアコンも付いてますよ。
営業車や足代わりに、いかがでしょうか。
ぜひぜひ!ご検討くださいませ!

それからこちらはコッソリ仕入れていた、
ZE11型ノート 16X。
この型式とグレードにピンと来た方、
相当なマニアさんですね。

ヘッドライトの磨き&クリア再塗装と─

フロントバンパー右下角の傷、

それからリアバンパーの傷の修理のため、
鈑金屋さんに預けてまいりました。
完成し次第、紹介しますね。
ピンと来た方は、事前のご商談もウェルカムです。

明日は火曜日ですので、定休日でーす!

【在庫車紹介】エスティマ 3.5 アエラス

2023.11.5 在庫車紹介 

在庫車のエスティマの紹介です!
通称「50エスティマ」と呼ばれるモデルです。
型式がACRで始まるのが2.4L、
GSRで始まるのが3.5Lモデルです。
また、その後に50Wと付くのが2WD、
55Wと付くのが4WDとなります。
こちらのお車はGSR50W、
3.5Lの2WDモデルということですね。

「大排気量は正義!」と
思い込んでいる私が仕入れてきたので
V6・3,500ccなのは当然として、
こちらのエスティマは
平成19年のマイチェン時に発売された
特別仕様車「アエラス スペシャルGエディション」です。
エアログレードであるアエラスをベースに
・スーパークロームメタリック17インチアルミ
・ディスチャージヘッドランプ(グリーンエクステンション)
・メッキフロントグリル
・メッキドアハンドル
・メッキバックドアガーニッシュ
・専用V6エンブレム
・ダブルラッセルシート表皮
・両側パワースライドドア
・コンビハンドル&シフトノブ
・木目調パネル(黄木目)
・サードシートアームレスト
・ビルトインETC
等を装備しています。

ちなみに、カーセンサーを見てみると
掲載されている50エスティマのうち
3.5Lグレードは僅か5%程度。
かなり希少であることがわかります。

仕入れ先オークション会場の評価点は4.5点。
ワンオーナー車なんですが、
新車時から大切にされてきたことが窺えます。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。
目立った傷や凹みの無い、
きれいなボディです。

ヘッドランプレンズはスカッとクリアです。
純正ディスチャージ式で、
バンパーにはフォグランプが備わります。
フロントガラスはクールヴェールに交換されています。
有名なAGC(旭硝子)さんの
赤外線&紫外線カットガラスですね。
ちなみに私のランクル100も、
クールヴェールに交換してあります。

横一文字の特徴的なテールランプ。
LEDですので後方からの視認性も抜群です。

こちらはエスティマの初代である、
TCRのテールランプなんですけど、
2世代後のモデルとなるGSR50にも
しっかりとデザインが踏襲されているのがわかりますね。

「グレージュ」と呼ばれる内装色。
汚れの目立ちやすい色ですが、
かなりきれいな状態が保たれています。

上級グレードですので、
シート生地は多層構造のダブルラッセル。
下級グレードのジャガードやトリコットとは
また違った生地が使われています。
こういうところに差が付けてあると、
メーカーの拘りを感じますよね。

50エスティマの本革巻ステアリングは
とにかくスレているのが多い!
あれ、なんでなんでしょうね。
こちらの個体は、ご覧の通り!
素晴らしい状態です。
本当、丁寧に扱われてきたんでしょうね。

初代エスティマから継承されているセンターメーター。

メーターの手前には純正HDDナビ。
CD音源の録音が可能です。

バックカメラやフルセグなども装備しています。

上級ミニバンですので、
エアコンはオートです。
ボタン類もきれいです。

灰皿やシガーライターはきれいなままで
おそらく禁煙車だったんじゃないかと思われます。

ステアリング奥のコンソールを開けると
ビルトインETCがインストールされています。

セカンドシートはキャプテンタイプ。
長時間のドライブも快適そうです。

スライドドアは両側とも電動です。

正直、快適かどうかわかりませんが
3列目シートも備わります。

私が50エスティマを
推したいポイントのひとつが、
この3列目シートの収納です。

ほら!
見てください!
フロアがフラットのなるよう収納できるんです!
これは便利ですよ。

ハイパワーな3.5LのV6エンジン。
車重のあるミニバンですので、
ここは2.4Lより3.5Lを選びたいところ。

前回車検時の点検記録簿を見ると、
・法定24ヶ月点検
・エンジンオイル交換
・ブレーキオイル交換
・ATF交換
・リアブレーキパッド交換
・エアコンフィルター交換
・フロントスタビライザーリンク交換
・ボディアンダーコーティング
などの整備記録が残されています。

希少な3.5Lグレードの特別仕様車。
ワンオーナーのきれいなエスティマです。
掲載ページは こちら
ご検討よろしくお願いいたします。

【在庫車紹介】UZS171 クラウンマジェスタ

2023.9.20 在庫車紹介 

はい!
何気に人気の在庫車紹介のコーナー。
今日は17マジェスタを紹介します。

私ね、大好きなんですよ、17マジェスタ。
どこが好きかって、
「和」な感じがするでしょ。
セルシオって、レクサスブランドもあるんで
海外を意識した車造りって感じですが、
クラウンやマジェスタって
狭い日本で運転することを
強く意識して造られてる気がするんですよね。
(あくまで、気がしてるだけです。)
サイズ感もそうですが、
雰囲気と言いますか、ね。
運転もめちゃくちゃしやすいです。
18系以降のマジェスタは
丸っこいデザインのせいもあって
私はちょっと運転がしにくいんですが、
17系は見切りが良くて運転しやすいですね。
(私の主観です)

そんな17マジェスタですが、
私が自分で所有するなら
後期モデルの4.0 Cタイプですね。
セルシオにも搭載されている
V8・4,000ccの1UZエンジン、
やはり排気量は正義であります。
そして、シリーズ唯一の
エアサス搭載グレード!
故障した際を考えて
バネサスグレードに人気が集まりがちですが
やはり低走行のエアサスが至高だと私は考えます。
高級車の上級グレードの装備なんで、
当然っちゃー当然なんですけどね。

で、本日紹介させていただく
こちらの個体がまさにそれ。
後期型の4.0 Cタイプ!
しかも実走行59,600kmのワンオーナー車!
なかなかこんな個体は出てきませんよ。

業者オークション評価は4.5点。
内外装ともにきれいなお車です。
ボディカラーは定番のパールツートン。
17マジェスタと言えば、これ!
っていう色ですね。

後期型になり、ヘッドライトレンズが
高級感のある薄いグリーンになりました。
オプションの電動コーナーポール付きです。

そしてフロントグリルも後期型になり
意匠変更されています。

テールランプもデザインが変わり、
キラキラ感がアップしています。
前モデルの15マジェスタは
マフラーを見せないスタイルでしたが、
17マジェスタになって
またマフラーを見せるスタイルになりました。

純正16インチアルミに履かれているのは
ブリヂストン・レグノGR-XⅡ。
レグノの現行モデルです。
日本の高級セダンは、こうでなくっちゃ。
ちなみに3リッターと4リッターでは
純正アルミホイールが違うんですよ。
3リッターはクラウンと同じデザインなんかな?
サイズも1インチ小さい15インチです。

明るいベージュのインテリアです。
嫌な臭いなんかもなく、
清潔感のある室内です。

オプションの本革シートです。
178,500円もする高級オプションです。
ただ、私、実は本革じゃなくて
普通のジャガードモケットの方が好みなんです。
この車が本革シートじゃなかったら、
自分のマイカーにしちゃってると思います。
これはどっちが悪い、とかじゃなくて
好みのお話ですけどね。
私の中では、17マジェスタと言えば
ジャガードモケット、のイメージなんです。

よく壊れているステアリングの
電動チルト&テレスコピック機能。
こちらの個体はちゃんと生きています。
ここのモーターが壊れていると
修理に7万円くらいかかるんですが、
もしかしたら部品が廃番かもしれません。
私は新品モーターを隠し持っていますけどね、
ふふふ。

17クラウンでは最上級の
ロイヤルサルーンGにのみ標準装備される、
デュアルビジョンオプティトロンメーター。
マジェスタは全グレードで標準装備です。
さすが、マジェスタ。
白い文字盤のオプティトロンメーターに
オレンジの文字が浮かび上がります。

後期型ですのでマルチが高精細仕様に。

地デジも見れちゃいます。

ここもよく壊れている、CDチェンジャー。
動作確認済みですのでご安心を。
最近、特に若い方は車で音楽を聴くのに
CDじゃなくてBluetoothを使われるそうですが
私はアナログ人間ですので
CDが使えないとちょっと困るんですよね。

私が仕入れてくる車ですので、
ヤニ汚れやタバコ臭は皆無です。
ご安心ください。

運転席は2WAYメモリー付き。
正式には、
マイコンプリセットドライビングポジションシステム。
長ったらしい名前のこの機能ですが、
後期型の4.0C、3.0Cのみの装備です。

後席パワーシートも4.0C、3.0Cのみの装備。

後席アームレストのこのボタンで
背もたれの操作をしていただけます。
15クラウンの後席パワーシートは
座面が前後にスライドしながら
背もたれの角度の調整を行うんですが、
17マジェスタは背もたれの角度のみの調整。
なんで簡素化されてるんや…。

その後席アームレストの奥には、
クールボックスが備わります。
これも4.0C、3.0Cのみの装備です。

やっぱりV8じゃないと!って方に。
4,000ccの1UZエンジン。
トヨタが販売しているプレジャーボート、
エピックにも搭載されているエンジンです。
船にも積まれるなんて、
信頼されているエンジンなんですね。
新車で販売されている一般車では
V8エンジンの車はほとんど淘汰されて、
希少性があがってきましたね。
この機会にいかがでしょうか。

掲載ページは、こちら

こちらのマジェスタですが、
つい最近、車検が切れてしまいまして。
近日中に継続車検を取る予定です。
当然ですが、車検を取得する分、
お値段に反映してしまいます。
ごめんちゃい。
「自分で車検を取るから、少しでも安くほしい」
って方は早めにご相談ください。
車検取得前でしたら前向きに対応させていただきます。
よろしく、どうぞ。

今日はこれから鍼灸院とエステですので
少し早めに店仕舞いさせていただきます。
また明日、お会いしましょう!

【在庫車紹介】GRS182 後期 クラウン

2023.9.15 在庫車紹介 

在庫車のクラウンの紹介です。
通称「ゼロクラウン」と呼ばれる型ですね。
平成19年式の後期モデルになります。
走行距離は69,300km、
年式や車格から考えると少な目です。

グレードはロイヤルシリーズ最高峰となる、
「3.0 ロイヤルサルーンG」です。
トヨタの車はグレード名にGが付くと
エライという風潮がありますね。
このロイサルGも例に漏れず、
通常グレードのロイサルではオプションとなる
・電動リアサンシェード
・後席足元照明
・ドット表示式マルチインフォメーション
・シートメモリー
・リア分割パワーシート
・高精細EMV(マルチナビ)
・スペアタイヤ(車両装着タイヤ)
・後席アームレストアクセサリーソケット
等の装備が標準となっています。
また、
・インテリジェントAFS
・後席ドアサンシェード
・プリクラッシュセーフティシステム
等のロイサルG専用の装備も付き、
さらには
・本革シート
・レースシートカバー
・クリアランスソナー
・レーダークルーズコントロール
等のオプションも装着されています。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。
目立った傷や凹みの無い、
きれいなボディです。

スポーティグレードのアスリートと比べ
ホイールが2インチ小さい16インチ。
その分タイヤが分厚くなっていますので
乗り心地ではロイヤルに軍配が上がるでしょうね。

前期型のヘッドライトは
若干グリーンっぽかったですが
後期型は薄いスモーク調となります。
私はこっちの方が好みですね。

ご覧の通り、
ヘッドランプレンズは
スカッとクリアな状態を維持しています。
キラリンコンです。

フロントグリルも後期になり意匠変更。
縦の桟が6本になりました(前期は4本)。

運転席側のフォグの横に付いているのは
レーダークルーズコントロール。
これ、付いている個体を
探している人は多いんですが、
付いている個体がけっこう少ないんです。
クリアランスソナーも付いていて、
機能的にも見た目的にもグッドです。

テールランプの上下が入れ替わった後期型。
前期型より洗練されたデザインとなりました。

タイヤはブリヂストン・レグノGR-XI。
2015年製と新しくはありませんが
目分量で8分山程度残っており、
目立ったヒビ割れもございません。

オプションの革シートが
高級感を醸し出しているインテリア。
明るいベージュの内装色ですが
目立った汚れは無くきれいです。

シブーい人気オプションのひとつ、
レースの純正シートカバーも付きます。
運転席・助手席はパワーシートで
シートヒーターも装備されています。

最も使用頻度が高い運転席ですが、
ご覧の通りきれいな状態を維持しています。

ゼロクラウンでは珍しい、コンビハンドル。
3リッターモデルですので
ステアリングは前後上下に電動調整可能です。

後期型からHDDナビへと進化した純正ナビ。
さらにロイヤルサルーンGは高精細ナビです。
表示の鮮やかさが違います。

バックカメラ付きで安心です。
クリアランスソナーも付いていますし、
さらに安心でございます。

私が仕入れてくる車ですので当然ですが
ヤニ汚れやタバコ臭は皆無です。
ペットなんかの嫌な臭いも無く、
気持ちよくお乗りいただけるお車です。

ゼロクラウン最大の持病に
ダッシュボードの割れがございます。
もう10台中9台くらい割れてるんじゃない?
っていうくらい定番の持病です。
こちらのお車も当然の如く割れていましたが
弊社がそのまま販売するわけはありませんね。
しっかりと新品ダッシュに交換済みです。

グローブボックス上の部分ももちろん新品に。
ここもよく割れますからね。
そしてグローブボックスを開けると
純正ビルトインETCがコンニチハです。

ロイヤルサルーンGですので
後席も電動となっています。

センターのアームレストを倒していただくと
シートやエアコン、オーディオなんかの
操作ボタンがいっぱい付いています。
高級車って感じがしてイイですね。

その奥にはクールボックス。
よく冷蔵庫とか言われますが、
冷蔵庫ではありません。
せいぜい保冷庫くらいです。

後席ドアのサンシェードも
ロイヤルサルーンGならではの装備。
リアガラスには電動シェードも。
後席に座る人はVIPな気分が味わえます。

256psを発揮する3GRエンジン。
3,000ccのV型6気筒です。
これに6速ATの組合せ。
十分に走ってくれます。

ゼロクラウンも程度の良い個体が
かなり少なくなっております。
そんな中でも大変希少な
「後期型の最上級グレード、オプション増し増し」
という文句なしの個体でございます。
値段ではなく状態の良さに拘る方、
ぜひご検討くださいませ。

掲載ページは こちら
お問合せ、お待ちしております!

【在庫車紹介】USF40 レクサス LS460

2023.8.21 在庫車紹介 

在庫車のLS460の紹介です!
ベーシックグレードの「LS460」ながら、
黒革エアシート、コンビハンドル&シフトノブ、
ステアリングヒーター等のオプションが付いています。
バージョン○○とかは付いていませんが、
そこはレクサスのフラッグシップセダン。
標準で十分すぎる装備が備わっていますよ。

ユーザー様からの買取り車両ですが、
もともと弊社からご購入いただいた個体ですので
実走行・修復歴無しは間違いございません。
レクサス点検記録簿がなんと17枚も残されている、
2オーナー車になります。

ボディカラーはプレミアムシルバー。
40前期LSのシュッとしたデザインに、
シルバーはよく似合いますね。
別にジジクサイことはありません。
洗車傷だらけのブラックなんかよりは
よっぽど印象はいいですね。
目立った傷や凹みの無い、
大変きれいなボディです。

純正18インチアルミホイールには
MAX TREK SIERA S6が履かれています。
前オーナー様が昨年に
4本とも新調されたばかりで、
目分量で8~9分山はございます。

ヘッドライトレンズの状態をご確認ください。
まさに、キラリンコンです。

外装に負けじと、内装もきれいですよ!
一番人気のブラックです。
嫌な臭いなんかもありません。

ベースグレードのLS460ではオプションとなる革シート。
エアシート&シートヒーター付きですので
季節を問わず快適にお過ごしいただけます。

運転席と助手席はパワーシートです。
目立ったスレや破れは無く、状態は良好です。

警告灯・チェックランプの点灯はございません。

この型のLSもいよいよ
ダッシュボードの割れやベタツキが
発生するようになってきましたが、
こちらの個体は問題ございません。

灰皿は使用された形跡は無さそうです。
ヤニ汚れ、タバコ臭、ペット臭は無く、
清潔感のあるインテリアです。

天張りもキレイですね。
入庫時に業務用除菌スチームを施工していますので
気持ちよくお乗りいただけると思います。

こちらのLSですが、
ただいま期間限定で値下げ中でございます!
もともと58万円だったのを、
なんと49.8万円に!
9月になったら元のお値段に戻そうかな。
安くしても売れないんやったら、
元の値段で長期戦覚悟の作戦です。
でも、なんで売れへんのやろなー。
きれいやし、安いと思うんやけど…。
やっぱりベーシックグレードなんと、
サンルーフが無いのがあかんのかな。
シルバーという色も良くないんでしょうか。
個人的には好きなんやけどねー。

掲載ページは こちら

程度重視だぜ!って方からのお問合せ、
お待ちしております!

明日は定休日でーす。

【在庫車紹介】クロスロード 2.0X HDDナビエディション

2023.7.19 在庫車紹介 

在庫車のクロスロードの紹介です!
「日本の道路を走るために作られた日本車」
ということでデビューしたクロスロード。
発売当時は残念ながらあまり売れず、
平成19年から平成22年まで、
精算期間は僅か3年7ヶ月という
短命モデルとなりました。
こちらの個体は平成19年12月のM/Cを受けた
最終モデルとなります。

全長4,300mmを切る、7人乗りコンパクトSUVです。
スクエアなボディがいいですよね。
前から気になっていたんですけど、
走行距離の短いものは高額で取引きされており、
なかなか仕入れることができませんでした。
今回仕入れたこちらの個体は
走行距離は139,300kmと多いながらも
内外装ともにきれいなワンオーナー車です。

グレードは「20X HDDナビエディション」。
2,000ccエンジン搭載の上級グレードに、
純正HDDナビ等が装備されています。
ちなみに1,800ccエンジン搭載の
下級グレードも存在しますが、
自動車税も同じですし、
よく走る2,000ccの方がいいですね。

ボディカラーはプレミアムホワイトパール。
気にならないレベルの傷凹みはありますが、
全体的に大変きれいな外装です。
新車で購入された前オーナー様が
大切にされていたことが窺えます。

ヘッドライトは純正ディスチャージ。
フロントバンパーにはフォグランプも備わります。
真正面から見ると、スクエアさが際立ちます。

ヘッドランプレンズはキラリンコンとしています。
前オーナー様の保管環境の良さが窺えます。

希少なゴールドエンブレム付き。
低年式車のものは表面が剥がれて
みすぼらしいことになっている場合が多いですが
こちらの個体のものは状態良好です。

タイヤはブリヂストン・エコピア。
2017年製と新しくはありませんが、
目分量で8分山程度は残っています。
アルミホイール付きのスタッドレスタイヤもお付けします。

内装はブラックを基調とした精悍な雰囲気です。

運転席はシートリフター付きで
細かなドライビングポジション調整をしていただけます。

目立ったスレや破れの無い、
きれいな本革巻ステアリング。
丁寧に扱われていたんでしょうね。

スポーティなメーター群。
チェックランプや警告灯の点灯はありません。

グレード名の通り、HDDナビを装備。

あると安心、バックカメラ付きです。

純正の灰皿が小物入れになっている、
禁煙仕様車です。
当然ですがヤニ汚れやタバコ臭は皆無。
ペット臭などの嫌な臭いも無く、
清潔感のあるインテリアです。

3列目シートの背もたれを倒すと、
そこそこ広大なスペースになります。
どうせ3列目はオマケみたいなもんですし、
私なら普段からこの状態で使うでしょうね。

ホンダディーラー点検記録簿6枚付き、
最新の令和2年度分です。
そこがメンテナンスノートの最終頁です。
また、令和4年10月にホンダディーラーで
12ヶ月点検を受けたダイヤルステッカーが貼ってありました。
(入庫時にあらためて法定点検を受けていますので
現在は新しいダイヤルステッカーです。)

お手頃価格で状態の良いクロスロードをお探しの方、
いかがでしょうか?
掲載ページは こちら
お問合せ、お待ちしております!

【在庫車紹介】UCF30前期セルシオ B仕様eRバージョン

2023.6.8 在庫車紹介 

在庫車のセルシオの紹介です!
平成14年登録、「前期の後期」モデルになります。
実走行62,400km、修復歴無し。
オークション評価4.5点の
大変きれいな2オーナー車です。

グレードは「B仕様ユーロバージョン」。
このブログをずっと読んでくださっている方には
もはや説明の必要は無いでしょうけど、
ベーシックなB仕様をベースに
専用ユーロチューンドサスペンション、
17インチアルミホイール、
サンルーフに本革シート等が装備される
スポーティグレードになります。

外装は定番カラーの
ホワイトパールクリスタルシャイン。
目立った傷や凹みの無い
きれいなボディです。

・フロントスポイラー
・マッドガード
・フェンダーメッキモール
など、人気の純正OPが装備された外装です。

ヘッドライトはご覧の通り、キラリンコン。
ボディにも艶が残っていますし、
歴代オーナー様の保管環境の良さが窺えます。

ユーロバージョンなのでSRは標準装備です。
チルト、スライドともに動作確認済みです。

ユーロVer.は専用の17インチAWですが
こちらのお車はオプションのクローム仕様です。
希少ですよ!

インテリアは明るいアイボリー。
汚れが目立ちやすい内装色ですが
こちらのお車は心配ご無用です。

ユーロVer.なので革シートが標準装備。
残念ながらエアシートは付いていません。
シートヒーターのみとなっています。
最も使用頻度の高い運転席ですら
この美しさを保っています。

入庫時に革シートクリーニングをしましたので
嫌なテカリもございません。

「前期の後期」モデルですので
ナビが高精細仕様となっています。
新しい感があっていいですね。
タッチパネルの一部(モニターの上の方)に
残念ながら若干のズレがございますが、
下の方はきちんと反応しますので、
概ね問題なくご使用いただけると思います。

ビルトインETCとも連動していますよ。

そして社外品にはなりますが、
バックカメラも備わります。

それから地デジです。
こちらも社外チューナーです。

灰皿部分が布張りの小物入れとなっている、
禁煙仕様車です。
当然ですがヤニ汚れやタバコ臭は皆無です。

気持ちよくお乗りいただけるよう、
入庫時に業務用除菌スチームを施工しています。

直近数年間(令和1~4年)の
ディーラー記録簿がございます。

直近の令和4年5月には、
・24ヶ月点検
・タイミングベルト一式交換
・ウォーターポンプ交換
・冷却水交換
・エアクリーナーエレメント交換
・エアコンフィルター交換
などの整備が行われています。
まだタイベルの交換推奨距離ではありませんが
きっちり交換してあるところに
前オーナー様の車への愛情が窺えますね。

低走行で状態の良い30前期セルシオです。
掲載ページはこちら
お問合せ、お待ちしております。

【在庫車紹介】GF50中期シーマ 450XV

2023.5.31 在庫車紹介 

久しぶりの「在庫車紹介」のコーナー。
今日はGF50シーマを紹介します。
平成19年7月登録、
中期型の終盤あたりのモデルですね。

グレードは中堅の450XVです。
17インチアルミホイール、純正ナビ、
助手席パワーオットマンが装備されます。
後席重視のVIPに次ぐグレードですが、
VIPは助手席パワーオットマンは付きませんし
アルミホイールも16インチになりますので
V8モデルを買うならXVがオススメですね。

ボディカラーはホワイトパール。
50シーマと言えばシャンパンシルバーか
このホワイトパールを思い浮かべます。

業者オークション評価は4.5点。
非常に綺麗な外装です。

フロントバンパー右下角に
少し傷がございましたので、
入庫時に再塗装して綺麗にしました。
正直、場所も下の方でしたし、
そのままでもOKレベルの
ちょっとした傷だったんですけど、
せっかく他の部分が綺麗だったので
直すことに決めました。

ヘッドライトは純正キセノン。
F50特有の通称「バルカン」ヘッドライト。
前期型はV8モデルのみの装備でしたが
中期型以降は全グレードがバルカンになりました。

ちなみに中期型からはAFSが備わりますので
「バルカン」の下のデザインが少し変わっています。
ヘッドランプレンズはご覧の通り、
キラリンコンと綺麗な状態です。

オプションの電動コーナーポール付き。
これ、たまらん人にはたまらんみたいですね。
私らの若い時はどちらかというと
ダサいアイテムでしたので、
買った車にこれが付いていると
いの一番に外していましたね。

オプションと言えば、
バックソナーも付いています。
バックカメラも付いているのですが、
備えあれば愁い無し、
ソナーも付いているとさらに安心です。
本来、トランクやテールランプ下には
それぞれ日産のシンボルマークや、
CIMA、V8とエンブレムがありますが、
入庫時にはエンブレムレス仕様でした。
トランク中央の日産のマークだけ、
私の好みで新品を取り付けました。
ここにエンブレムが無いと、
なんだかノペッとした印象になるんですよね。
引き締まらないというか。

XVならではの17インチアルミホイールには
ダンロップ・LM704が履かれています。
そこまで新しいタイヤではありませんが、
目分量で5分山程度は残っています。

高級感のある、黒革インテリアです。
グランドツーリングは黒革ですが、
XVで黒革はけっこう珍しいです。
アイボリーが多いですからね。
ここ、この車を仕入れることにした
ポイントのうちのひとつです。

運転席に若干の使用感はあるものの、
全体的にきれいな黒革シートです。
エアシート&シートヒーター付きです。

F50のコンビハンドルは
ステアリンググリップの半周くらいがウッドで
裏側は全部革なんですよね。
RB1のオデッセイなんかもそうですが、
私これちょっと好きなんですよ。

純正DVDナビです。
新しい感は正直まったくありません。

バックカメラはカラーで見やすいです。

ヤニ汚れ・タバコ臭はありません。
もちろん、ペット臭も無しです。

F50は所謂「電子キー」と呼ばれるタイプです。
W220あたりのメルセデスみたいな感じのキーです。
ETCは純正ビルトインです。

XVならではの助手席パワーオットマン。
フロアマットは緞通調です。
緞通調と書いて「だんつうちょう」と読みますが
そもそも中国製の絨毯を表す
「緞通」という言葉が語源です。
「緞」とは模様の入った厚手の織物のことですが、
中国製の絨毯とペルシャ絨毯とは
実は大きな違いがあります。
それは、毛足の長さの違い。
ペルシャでは厚みが薄いことが
高価な絨毯の条件なのですが、
中国製の絨毯は分厚いのです。
そこで、日本では中国製の絨毯を
緞通と呼んで区別したそうです。

外装に負けず、綺麗な内装です。
気持ちよくお乗りいただけます。

今となっては希少なV8エンジン。
「やっぱりV8じゃないと!」って方、
お問合せをお待ちしております。

掲載ページはこちらです。
よろしく、どうぞ。

下取り入庫のワゴンR

2023.4.22 在庫車紹介 

下取り入庫のワゴンRを販売します!
MH21/22型の後期モデル。
純正エアロ&リアスポイラー、
アルミホイールがつく
特別仕様車のFX-Sリミテッドです。
走行距離は174,900km、
かなり多めですが前オーナー様が
新古車で購入されてずっとお乗りでした。
車検は令和5年6月まで!
修復歴は無いと伺っていますが
念のため「不明」とさせていただきます。

全体的に色褪せ、フェンダー等に錆あり。
大きな凹みはございませんので
ボコボコという印象はございません。

ヘッドライトはベロフのHID。
高いんやで、これ。

内装はけっこうキレイです。
リミテッド専用のツートンインテリア。
スレやすい本革巻ステアリングは状態良く、
丁寧に扱われてきたことが窺えます。
ヤニ汚れやタバコ臭、ペット臭はありません。

エンジンやオートマに特に気になるところはありませんでした。
エアコンの効きが少し弱かったんですが
ガスを足したらキンキンに冷えています。

車体価格7万円、
基本プランなら乗りだし7.9万円!
この価格設定をご理解いただける方に
販売させていただこうと思います。
完全現状販売ですので入庫時および納車時の
洗車や点検は一切行いません。
弊社に置いてあるままでお渡しします。

とはいえ、前オーナー様は
毎日使っておられたようですし、
入庫時も石川県から自走で京都まで来られています。
7万円の軽自動車、って考えると
十分にご納得いただける内容かと思います。

しばらく売れなければ車検を取って
鈑金屋さんや整備工場の
「置き車」として活用しようかな。
あると便利ですしね。

お問合せは「お電話にて」、
営業時間内にお願いいたします。

明日は第四日曜日ですので、
定休日でーす。